アニメや漫画、声優さんとかを、日記もまじえながら、まったり書き込んでいくサイトです。  絵なんかも描いたりするのですが、如何せん恥ずかしがりやなものでUPするかは未定ですー  よろしくおねがいします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さらばハルヒ~ふぉ~えヴぁ~♪涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 最終回っ!!!
2006年07月09日 (日) | 編集 |
ハルヒが始まって約3ヶ月・・・今期で一番面白いっと言っても過言ではないほどのストーリーとグラフィック、それとアニメの中に「遊び」を入れている所なんかも、あとあと考えてみると良い方向に向かっていましたねぇ
 エピソード0を始めて見た時は、ギリギリついていけませんでしたケド(゜∀゜*

よし!ハルヒ最終回のレビューに行きますかっ!bД)

↓の「more、、、」からレビューを見てくださいなv
20060705175143.jpg




始まりはキョンのナレーションから始まりました。

「The melancholy of Haruhi Suzumiya」


英語表記で始まった「ハルヒの憂鬱」は、

キョンが、『最終回だぞぉ~~』っと言っている様な雰囲気がしました。




そんな前振りお構い無しに、寝ぐせキョン君登場(・∀・)ノィョ-ゥ


20060708215423.jpg



あぁ~妹に起こされてぇー、この良い兄貴がぁ~(´∀`σ)Д゜)イテイテ



そんないい兄貴っぷりのキョン君はこんな素晴らしい未来予想図を持っていました☆




20060708215430.jpg


キョン》『せいぜい走り回ればいいのさ・・・オレ以外の人間がなぁ・・・・・・』







なんかちょっとショォーーーーーッ

クっ!!!Σ(゚Д゚)



ほらほら後ろの人も笑顔凍りついてますよ
最終回だからキョン君のツッコミレベルハードルが妙に高い気がしますね





あーあー、それと少年A氏が長門をランク付けしてましたね



20060708222113.jpg


少年A氏》『オレ様的美的ランキングAマイナーの長門有希と・・・・・・』



Aマイナーってことはどうなんでしょ?音楽系が苦手な人にはこの発言に怒っていいのか悪いのか悩ませるいい問題です(ぇ

とりあえず、この『オレ様的(超)美的ランキング』の真意を知ってる方いらしたらぜひ、ぜひ!!教えてくださいね (・∀・ナタは買ったぜ!



ひっそりと流れていたスタッフロールに、ついにあの名が・・・




20060708224428.jpg




そうっ、超監督ハルっ・・・・・・って少年A

氏じゃまぁーーーーーーっ!!(゚Д゚#)ゴ

ルァ!!




最終回だからって重要カットにコソーリ映つりゃいずれ一流芸人になれる、なんて考えるなよっ!

とか言いながら、私がカットした絵の六割をキープするコイツは何もんだっ!?

まだ、主人公出てないのに(;つД`)



そして開始3分と15秒にてやっとハルヒ登場ぉ~~っ


20060708225517.jpg



脚だけっ!?(;つД`) ジラシカ?・・・・・・・て

か、ブルマかよっ!|〃▽〃)キャー




ここら辺でキョンの最終回的なナレーションはすっ飛びましたb




いつも以上に退屈+不機嫌なハルヒ。。。

20060708230128.jpg




怒ってますね?って聞いたら『怒ってないわよっ!!』っと怒られそうでsー



おかんむりハルヒにみくるの次の衣装を聞かれ超真剣に想像するキョン


20060708230656.jpg



何想像してるんですか?って聞いたら『何でもないよ』っと怒られそうでsー(ノД`)シクシク



さぁ~て、天真爛漫、唯我独尊、超性興奮のキョン君はみくるの新しい衣装を本気で考えたか、mikuruフォルダを閲覧ー
 

20060708231516.jpg



コノコノ( ´∀`)σ)゚Д゚;) イタイタ



20060708231917.jpg



おっ、みくるがお茶を持ってきたみたい、速く隠せキョン


20060708231925.jpg

ぽちっ
20060708231908.jpg

ぽちっ
20060708231900.jpg

ぽちっ
っと、これで安心( ´ー`)フゥー...
私も実家にいた時とか良くありましたよ。。。見られたケド(つд・)エーン



20060708231852.jpg

あれ?
20060708231842.jpg

あれ?あれ?


20060708231833.jpg

あれ?あれ?あれ?








20060708232615.jpg



Σr(‘Д‘n)あれーーーーーーー?

ばれてるぅーーーーーーっ!!(゚∀゚)神のヨカーン




まさか同志とは・・・・・・・( ̄ω ̄*ナカーマハケーン



かと思いきや


20060708233523.jpg


イチャイチャ・・・・・・・イチャイチャ・・・・・・






やっぱナカーマ違うぅっ!!!!!(# ゚Д゚) ムッキー




気にしない、気にしない(-_- ;))プルプル






20060709011516.jpg

あっ、バレた


20060709011524.jpg

おおっ、ここでキョンが強気に(汗

しかも、妙にカッコイイ体勢で! (・∀・)ヨクナクナーイ?!


20060709013104.jpg

ま、やっぱり負けるわけですが・・・・・・

でも、そんな手をださないキョンが好きだったりw






深夜午後11時6分23秒 キョン君就寝


20060709013902.jpg


20060709013910.jpg


20060709013917.jpg



しかし、キョンが目覚めるとそこにはハルヒが・・・


20060709014717.jpg

どうやら二人は学校にいるみたいである

20060709014704.jpg

20060709014657.jpg

とりあえず学校から出ようとしてみるが、閉鎖空間が邪魔をして出れない様子。。。

むむむ、何が起こるかわからなくていい感じです(ワクワク




20060709014650.jpg

キョン》『怖いならいっそ腕にしがみ付いてくれよ、そっちの方が気分がでる』

ハルヒ》『・・・・・・バカっ』


おおっ、なんかいい雰囲気じゃないか、ガンガレお二人さんw





20060709015729.jpg

茶飲むか?ってキョン君ハルヒに聞いてるけど
いや、普通飲めないだろ・・・・・・

20060709021457.jpg


ってアンタのんですしっ!?(汗
ハルヒを気遣ってじゃなかったのね;(´・ω・`)ショボーン


っと、ここで不安でしょうがないのかハルヒが学校を探検に

1人になったキョンの前に古泉が現れた。

20060709020621.jpg

20060709020630.jpg

20060709020636.jpg


なにやら難しいお話を・・・・・
私がわかる最大で翻訳するならば、


世界滅亡ぅ、☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ♪




ちっともめでたくありませんっ!!!

Σ(゚д゚lll)ガーン





どうするの?どうするの?アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ


20060709020644.jpg


って、そこぉーーーーーっ!!るんるんで校内歩いてる場合違うよっ!てゆーか、目輝いてるしΣr(‘Д‘n)ヤバクナイ?


古泉はみくると長門の伝言を言付かっているらしい

20060709022802.jpg


古泉》『朝比奈みくるからは、謝っておいて欲しいと言われました。【ごめんなさい、私のせいです】っと、

長門有希からは【パソコンの電源を入れるように】っと、、、、、』




二人の伝言をかみ締め、長門の【パソコンの電源を入れるように】に従い、パソコンの電源を入れた。



電源を入れたがパソコンには何も映らない

20060709023544.jpg


バグか?と思っていたその瞬間







20060709023551.jpg





長門きたぁーーーーーーーーーっ!!!

\(T▽T)/!!!!!




この時点でちょっとウルっっときましたよっ!!
しかもこの台詞を長門が声に出して言っているのを想像しただけで鳥肌がたってきましたっ!





20060709024206.jpg


一瞬映る長門の絵を見ただけでオレはもうノックアウトでした・・・



20060709025253.jpg






20060709025244.jpg

20060709025233.jpg

20060709025222.jpg

20060709025213.jpg

20060709025202.jpg






20060709025151.jpg






20060709025143.jpg









20060709025136.jpg

20060709025128.jpg

20060709025847.jpg










だめっ!!オレもうマジで駄目っ!!潤むどころの騒ぎじゃないわ!!



途中の『あなたに賭ける。』とか、

『わたしという固体も
あなたには戻ってきて欲しいと感じている。』

とかいつもの長門からじゃ聞けないような台詞がバンバン出てきて、二つ目なんか、かなり長門個人の意志が主張されていてマジで感動しますわ!!

さらに、最後に行くにつれ段々文字が薄れていくのがもうたまらんっ!!

『また図書館に』

の所は、
文字が一つ一つ打たれていって
そしてゆっくり文字が消えていく
こんなの見せられたら悶えるぞ!?ホントここはリアルタイムで見て欲しいわっ!!


はぁはぁ・・・・・・はぁはぁ・・・・・・


やばいね、興奮しすぎました、なんかもう止まんねーですよw




ここから話は華僑に入ります。


20060709031620.jpg

20060709031628.jpg


光と共に現れた巨人


20060709031634.jpg

20060709031641.jpg


とても嬉しそうなハルヒ

超常現象を越える体験をしているのでしょうがない









この世界にずっといようと望むハルヒ、しかし

20060709032649.jpg

20060709032657.jpg

20060709032704.jpg


キョン》『オレは戻りたい!
こんな状態に置かれて発見したよ、俺はなんだかんだいっていままでの暮らしが結構好きだったんだな

アホの谷口や国木田も
古泉や長門や朝比奈さんも、そこに消えちまった朝倉も含めてもいい
オレは連中ともう一度会いたい、まだ話すことがいっぱ残っている気がするんだ』




ハルヒ》『会えるわよ、きっと、この世界だっていつまでも闇に包まれている訳じゃない、明日になったら太陽だって昇って
くるわよ、私にはわかるの!』


20060709034834.jpg

キョン》『そうじゃない、この世界のことじゃないんだ、
元の世界の、あいつらにオレは会いたいんだよ』





20060709034844.jpg

20060709034857.jpg

20060709034904.jpg

20060709034911.jpg








20060709035553.jpg

ハルヒ》『意味わかんないっ、
あんただってつまんない世界にうんざりしてたんじゃないのっ?
もっと面白いことが起こって欲しいとおもっていたんじゃないのっ!?』





20060709035928.jpg

キョン》『・・・・・・思っていたとも』




20060709035944.jpg

キョン》『あのな、ハルヒ
おれはここ数日でかなり面白い目にあってたんだ、
お前はしらないだろうけど、世界はお前を中心に動いていたといってもいい、お前が知らないだけで世界は確実に面白い方向に進んでいたんだよ!』




それでも、納得しないハルヒにキョンは朝比奈さんの言葉を思い出した。


20060709041525.jpg

みくる》『白雪姫って知ってます?』


20060709041513.jpg

20060709041502.jpg






20060709041452.jpg


キョン》『オレ、実はポニーテイル萌えなんだ。
いつだったか、お前のポニーテイルは反則的なまでに似合っていたぞっ!』




20060709041443.jpg


ハルヒ》『はぁあぁ?』




20060709041434.jpg


20060709041425.jpg


20060709041416.jpg






20060709041407.jpg













もう、色んな意味で

うおぉぉぉーーーーーーっ!!!!!

ヽ(`Д´)ノ




あえてもう何も言いません。
言うとしたら素晴らしかったってことと




キョンはポニーテイル萌えだったん

だぁーーーーーーーーーーーっ!!!!!

∑( ̄□ ̄;)ナント!!




ってことだけです。
まさかそれまでの振りが、キョンのポニ好きを言うためだったのかどうかは、私には良く分かりませんが、とにかくグッドでした


このあと本人は夢であることを望んだのですが、
学校の自分の教室に入ると、そこには

20060709043957.jpg


20060709043947.jpg







20060709043939.jpg


キョン》『ハルヒぃ』


ハルヒ》『なにっ?』







キョン》『似合ってるぞっ』





20060709043929.jpg










ここでBGMがOPの『冒険でしょでしょ?』に変わった。







SOS団:副団長
20060709045128.jpg

古泉一樹

最後まで謎な少年でした。

SOS団:団員
20060709045117.jpg

長門有希

彼女はここで名言である

『大丈夫、わたしがさせない。』

を残したことはしってると思う。


SOS団:団員
20060709045104.jpg

朝比奈みくる

20060709045054.jpg


最後までいいキャラでした。

SOS団:団員
20060709050018.jpg

キョン

あなたのツッコミ力がほしぃ・・・

SOS団:団長
20060709045043.jpg

涼宮ハルヒ

最後の最後まで、どうもありがとうございました。
団長のおかげでここまでハルヒファンになることができましたっ!オッスっ!!






20060709045035.jpg



このあとキョンとハルヒがどうなるのか、とか、キョンがハルヒに何をおごらしたなどは小説での楽しみにとっときましょ

では、またハルヒに合えることを信じて

さらばハルヒ~ふぉ~えヴぁ~♪(意味ちがっ・・・w)



20060709045025.jpg

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
私がハルヒならあんな手近な男では満足できないところですが、想定通りというのが大嫌いな彼女、一番ありえないという線を狙ったのでしょう。ツンデレヒロインの面目躍如です。彼女は結局自分の欲望に無自覚な我が儘女学
2006/07/09(日) 18:02:23 | Anime in my life 1号店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。