アニメや漫画、声優さんとかを、日記もまじえながら、まったり書き込んでいくサイトです。  絵なんかも描いたりするのですが、如何せん恥ずかしがりやなものでUPするかは未定ですー  よろしくおねがいします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブラックジャック21
2006年05月30日 (火) | 編集 |
今日は本を買わされた 私はあまり興味はないんですけど、何気なしに買わされた もういいや、今日は1000さんと小銭君に別れを告げた日になりました。
 んなことよりも


ヘイヘイっ!! ブラジャータイムだぜ!ひゃっふぉーーーっ!!(黙りなさい
いえね、今住んでいるマンションはなぜだか私の部屋だけ日本海テレビが映らないというジミーな嫌がらせを辞めてくれません。
そのせいで、ここ一年ぐらいはブラジャーとコナソが見れていません。
コナソは本買っているからいいのですが、

ブラジャーがいてぇぇぇーーーーっ!!!!(え
手塚さんの本は、子供の頃『火の鳥』を見て、自分にはだめだぁっと思い、見ないようにしていたのですが、
アニメでブラジャーをやると聞いて、とりあえずはじめのSPだけでも見てみるかな、っとポチっとTVをつけたことから始まりました。

あぁ、、、犬夜叉よかったなぁ~、金田一がまた始まればいいのになぁ~ あぁ~嗚呼~

数十分後・・・

やヴぁすっ!!ブラジャーやヴぁすっ!!俺はブラジャーに付いていく!!Σ(TYT

身の毛もよだつほどの切り替えの早い奴でした・・・
そして、見終わった頃には、手塚チルドレンとして、本を読み漁っていました。

これがまた声優さんが素晴らしい事、大塚明夫―水谷優子コンビは最高です。 そしてこれがまた泣けること、泣けること、、、

今でも覚えているのですが、ブラジャー(21じゃないほう)の9話、
タイトルは『もらい水』
この話が今まで見た話の中で一番泣けました(号泣
↓長くなるので、見たい人だけ見てください。

話的には、息子の病院に住んでいたおばあさんが、患者が入る部屋がないっと言う事で、息子と息子の妻(←コイツが元凶)に病院を出て行って欲しいと頼まれ、息子たちに迷惑は掛けれないと、昔息子と一緒に住んでいた別荘にいくことにしました。 しかし、別荘は人が住める場所とは言えないくらい損傷が激しく、今にも壊れてしまいそうな物でした。 
 そこに、土石流が襲い、おばあさんは生き埋めになり、そこに駆けつけたブラックジャックが、フモトの病院(息子がいる)につれていきました。
急患として運ばれたおばあさんが自分のお母さんだと気づかず、
他の病院に行くよう告げた息子は、そのあと、自分の母だと気づくと、すぐに手術をさせてくれ、といいました、が、ブラックジャックはそのおばあさんを渡そうとしませんでした。
ブラックジャックは、おばあさんが、息子達に足蹴に扱われたことをしっていたのです。 そんな息子を許すはずがありません。
ブラックジャックは、一億払えばおばあさんを渡すといいました。
しかし、息子は1億というあまりの大金に動揺を隠せずにいると、
ブラックジャックは

ブラックジャック〉『私だったら、母が助かるなら100億だって安いもんだがねっ!!』

この言葉に打たれた息子は、すぐに要求に応じ、
母を無事に助けることができました。

これは、本当に涙がでる話でした。私の文章力と記憶力では、伝え切れない部分が多くなってしまいすみませんでした。 
 母を大事に思う気持ちを忘れてない方が、この文章を読んでいただけたら、是非一度この『もらい水』を見てください。  


駄目ですね、私はこういう情的な物をうまく伝えることができませんね(笑
とぉぉぉぉっぉぉぉぉぉーーーーーーりあえず!ブラジャーは見て、損はないっ!!!むしろ、見ないほうが損だぁーーーっ!!と自分の意思で塗り固めときます。(批判きそうだなぁ、スマセンデス;;

っで、久々に見たブラジャーはストーリー形式になっていたのですが、泣ける所は相変わらず健在でしたwww 次回も、防水加工のないハンカチをご用意してみてくださいねb‐^)

あっ、本文に乱用していた『ブラジャー』ですが、皆さんお気づきの通り、『ブラックジャック』の略称です。
別にブラジャーが好きだから、連呼していたわけじゃないですよ。
えっ?じゃあ、ブラジャーは嫌いかですって?

嫌いなわけあるかぁぁぁぁぁぁあああーーーっ!!!\(゜∀゜ノヘイヘイ!!
【どうでもいいやぁ~】
ここはやはり最後までブラジャーすーぷれっくすで固めときますか、
ブラックジャックは、モンタナと同じ声である!!《大塚明夫》
他にもお祭り男爵とかやってたような、水谷さんはナディアのマリーやってます。 もっとわかりやすいのが、ちびまるこのおねえちゃんをしとります。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。